*…KinacoBlog…*

日々のあれこれ***

映画「SING」

字幕版を観てきました。忘れないうちにメモしておきましょ。
以下、ネタバレあります。

 

 

 

 

(最近観たDisney映画「ズートピア」と無意識に比べてしまいました。)
映画「ズートピア」と同じ世界かと思うぐらい、多くの種類の動物たちが生き生きと暮らしていました。でも細かいところは違ったなぁ。ズートピアだと、クルマや自転車はそれぞれの動物に合ったサイズになっていますが、SINGでは均一化されていた。ズートピアには、ウサギはウサギの町・ネズミはネズミの町がありましたが、SINGの世界には無いんだろうなぁ。しかし、可愛かった。お金だって、ネズミには大きすぎるものが流通していた。あー、可愛い。劇場のドアの手すり位置はキリンにも配慮されていた。

前情報を入れてなかったので、きゃりーぱみゅぱみゅの曲が流れたときは嬉しかったです。日本の曲が使われてる!!!と驚きました。主人公のムーン(コアラ)、カタコトの日本語話していたし。感動しました。あの動物たちってアライグマかな。

個人的にいちばん凄かったのはロジータ(ブタのお母さん)が一晩で全自動パパ&子供たち送り出し機(?)を作ったことですね。(笑)

マイク(ネズミ)は、最終的には成敗されたんでしょうか。ネズミの最後のシーンで、クマは車に捕まったままでしたよね。

洗車屋のシーンは、まさかの洗い方で、可愛すぎて悶絶しました。私のクルマもお願いします。

物語は早いテンポで進んでいくので、途中飽きることもなく最初から最後まで楽しめました。

スティービー・ワンダーアリアナ・グランデのエンディング曲「Faith」も最高でした。YouTubeにアップされている公式MVはSINGのキャラたちが登場していました。これも可愛いのでぜひ観てください。

さらに、SING2が公開決定とのこと。ウィキペデアによると2020年だそうです。まだまだ先ですが楽しみです。主役はムーン(コアラ)のままだろうか?

 

春休みということもあり、映画館はかなり大盛況で、満席でした。
予約していったのでど真ん中で鑑賞出来てハッピーでした。